友の会読書サークルBooks

本の紹介「鳥の巣」

「鳥の巣」鈴木まもる文・絵、福音館書店「たくさんのふしぎ」2004年3月号(第229号)、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子・和田岳 20040815】
●「鳥の巣」鈴木まもる文・絵、福音館書店「たくさんのふしぎ」2004年3月号

 絵本作家であり鳥の巣コレクターとしても知られる著者がオブジェとして興味をもち、好奇心の赴くままにひたすら「鳥の巣」を描いた絵本。
 鳥の巣は鳥たちが卵を産み、ヒナを育てるための隠れ家。クモの糸を編んでつくるセッカ、葉っぱを縫い合わせるサイホウチョウ、風で巣が揺れないように小石を編み込むハチドリのなかま、ハタオリドリのように巨大マンションを樹上に築くもの、枯れ葉や木屑の塚の中に卵を埋めて発酵熱を利用するツカツクリのなかまなどなど。
 おもしろい巣を一度にいろいろ見ることが出来、楽しめる。

 お薦め度:★★  対象:鳥の巣に興味はあるけど、あまり知らない人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]