友の会読書サークルBooks

本の紹介「鳥の生命の不思議」

「鳥の生命の不思議」アドルフ・ポルトマン著、どうぶつ社、2003年10月、ISBN4-7891-1002-8、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20040913】
●「鳥の生命の不思議」アドルフ・ポルトマン著、どうぶつ社

 著者は、比較形態学を中心に動物全般を広く研究してきた人。多くの専門書や普及書を執筆しており、その守備範囲は人間や社会全般にまで及ぶ。そんな著者が、進化を軸に、鳥類の形態、発生、行動、さらには認知世界までをも取り上げた本。羽根や気嚢、卵の構造の話は、他の本にはあまり載っていないので勉強になる。とはいうものの、体系だった説明があるわけではなく、わざわざ通しで読まなくても、興味のある章だけ読めばいい感じ。

 お薦め度:★★  対象:鳥の形態について、ちょっと知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]