友の会読書サークルBooks

本の紹介「鳥のくらし図鑑」

「鳥のくらし図鑑 身近な野鳥の春夏秋冬」おおたぐろまり著、偕成社、2016年11月、ISBN978-4-03-437460-3、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20170611】
●「鳥のくらし図鑑」おおたぐろまり著、偕成社

 子ども向きの本と思って侮るなかれ… なんとも情報量が多い! 日本の代表的な野鳥39種の暮らしが季節を追って紹介されている。その種のオス・メスはもちろんのこと、成鳥・幼鳥・ヒナと成長段階の違いや、巣作り・子育て・餌の取り方など、あらゆる情報が1ページにコンパクトにまとまっている。関わりのある鳥は上下二段の見開きで紹介したり、ページレイアウトにも工夫がされている。専門用語も適切に使われ、もちろん解説も添えられている。総ルビなので鳥好きなら小学校低学年でも読める。 個人的には、鳥類フィールドセミナーで教えていただいた用語が出てきて復習になった。マガモのオスは“アタマみどり”と覚えていたが、繁殖地ではメスと同じ地味な色のエクリプス羽になると初めて知った。この本で鳥の暮らしに興味を持った方は友の会の会員になって鳥類フィールドセミナーに参加しませんか?

 お薦め度:★★★★  対象:鳥を見るだけではなく、その鳥の暮らしに興味が出てきた人に


[トップページ][本の紹介][会合の記録]