友の会読書サークルBooks

本の紹介「ときめき昆虫学」

「ときめき昆虫学」メレ山メレ子著、イースト・プレス、2014年4月、ISBN978-4-7816-1173-0、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20140627】
●「ときめき昆虫学」メレ山メレ子著、イースト・プレス

 虫ネタのブログや企画でおなじみ(少なくともその筋ではおなじみの)著者が、自らの虫との出会いがつづった1冊。ブログで培われた文章はとても読みやすく、適度な脱線ぶりも楽しめる。
 章ごとにさまざまな虫を取り上げる。よくあるパターンは、その筋の先輩に採集に連れて行ってもらったり、専門家の話を聞きにいくところから話がはじまる。取材内容とその先輩・専門家の人となり、奇妙な行動、それについての愛に溢れつつもシビアな感想。虫自体についても面白いけど、そのやり取り、(著者自身も含めた)虫好きの奇妙な行動が面白い。
 虫好きだから、どんな虫でも好きかと思いきや。ゴキブリは苦手と意外に普通なところが、正直に出てくるのは好感が持てる。昆虫との出会いの本としてはとても面白い。

 お薦め度:★★★★  対象:虫は嫌いじゃないけど、どう楽しんだらいいか分からない人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]