友の会読書サークルBooks

本の紹介「時を刻む湖」

「時を刻む湖 7万枚の地層に挑んだ科学者たち」中川毅著、岩波科学ライブラリー、2015年11月、ISBN978-4-00-029642-7、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20160225】
●「時を刻む湖」中川毅著、岩波科学ライブラリー

 2013年、福井県水月湖の堆積物が、過去5万年もの時間を測る世界標準時計になった。遡ることおよそ30年、遺跡発掘調査のための湖底掘削によって偶然見つかった堆積物の縞模様。その縞は1年に1枚ずつ規則正しく並んでいるため、これを数え、中の落ち葉の炭素14量を測れば、年ごとの炭素14量が求められる。その量なんと5万年分!これを、化石や遺物の年代調査に用いられる放射性炭素年代測定の誤差を正す換算表にしようという挑戦が描かれている。偶然から始まり、ひとりの若き研究者が夢を描き、ライバルに敗れ、意思を継いだ国際チームが奮闘、と、紆余曲折ある様はまるでドラマのよう。日頃当たり前に使っている尺度だが、基準を作る、また、その精度を上げるという行為が、大変な努力の賜物であるということを、あらためて思い知った。

 お薦め度:★★★★  対象:遠い目になって、ロマンを感じたいひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]