友の会読書サークルBooks

本の紹介「都会にすむセミたち」

「都会にすむセミたち」沼田英治・初宿成彦著、海遊舎、2007年7月、ISBN4-905930-39-1、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20071018】
●「都会にすむセミたち」沼田英治・初宿成彦著、海遊舎

 著者の二人は、大阪のクマゼミを中心に、様々な角度からセミの調査をしてきた。その調査結果の集大成。現在日本語で読めるセミの暮らしの解説本は他にないので、ワン&オンリーの一冊。
 10年以上にわたって続けられている抜け殻調査、セミにマーキングしての移動距離・寿命の調査、網室でセミを飼っての生活史調査など、市民参加で行われたさまざまな調査結果が紹介される。クマゼミは、ものすごく身近な虫であるのに、基本的な生態がどれほどわかっていないかがよくわかり、それをどこまで解明できたのかもよくわかる。
 紹介された調査の多くは、少しの時間をかければ、お金も道具もさほどかからずに誰でもできるものばかり。この本を読んで興味を持ったら、ぜひ自分でもやってみよう!

 お薦め度:★★★  対象:セミに少しでも興味があれば

[トップページ][本の紹介][会合の記録]