友の会読書サークルBooks

本の紹介「鉄は魔法つかい」

「鉄は魔法つかい 命と地球をはぐくむ「鉄」物語」畠山重篤著、小学館、2011年6月、ISBN978-4-09-227152-4、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20110821】
●「鉄は魔法つかい」畠山重篤著、小学館

 著者の畠山さんは、東北気仙沼のカキ漁師である。畠山さんは、今までの経験から湾に流れ込む川の上流部の山が広葉樹に包まれているとカキの生育がよいことをつきとめていた。以来、「森は海の恋人」を合い言葉に「漁師による森つくり」運動を展開していた。海外でもその例のあることを知り、ますます、豊かな森と豊かな海と深いつながりがあることに自信を持った。1990年、「植物プランクトンや海藻はフルボ酸と結びついた鉄分子から鉄を吸収する」「そのフルボ酸は広葉樹の腐葉土によって生まれる」という研究成果を知り、森と海との強いつながりに確信が得られることになった。
 近年は、海と森のつながりを総合的な科学として「森里海連携学」を立ち上げる大学も現れた。畠山さんはその研究者の一端を担っている。こうした畠山さんの長年の森づくり運動の経過がこの本に盛りこまれている。今回の震災をもろに受けた畠山さんに、一からの出発がまた始まった。

 お薦め度:★★★  対象:海と森のつながりに興味のある中学生以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]