友の会読書サークルBooks

本の紹介「他者の心は存在するか」

「他者の心は存在するか 〈他者〉から〈私〉への進化論」金沢創著、金子書房、1999年11月、ISBN4-7608-9405-5、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20040625】
●「他者の心は存在するか」金沢創著、金子書房

 「心」とは「私」に属することがらで、「他者の心」という言葉自体が矛盾している。とまあいきなり本のタイトルを否定するというか、タイトルの疑問の答えがいきなり出てしまう。もちろん話はそれで終わりにならず、そこから議論は続き、最終的な疑問「私」ってなに?に行き着く。
 いたって哲学的なテーマではあるが、理学部系の著者は科学的な立場を維持しながら話を進めていく。日常的に当たり前に存在すると考えているものに、次々と疑いの目を向け、いずれも「進化の過程で獲得してきた生存に必要なモデル」として説明してくれる。第1章を読んで眠くならなければ、お薦めの1冊。

 お薦め度:★★★  対象:他者の心、現実、コミュニケーション、私といった“当たり前”なものに疑いの目を向けてみたい人へ

[トップページ][本の紹介][会合の記録]