友の会読書サークルBooks

本の紹介「タヌキ学入門」

「タヌキ学入門」高槻成紀著、誠文堂新光社、2016年1月、ISBN978-4-416-11547-3、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20160414】
●「タヌキ学入門」高槻成紀著、誠文堂新光社

 都会に暮らすシティー・ダヌキがいるものの、そうそう姿を見ることはないし、昔話に登場する有名タヌキがいるから、何となく知っている気がする。そんな微妙な距離感の野生動物、タヌキ。本書は動物学的観点からのタヌキにとどまらず、そのイメージについても考察。日本人がタヌキに抱くイメージの変遷は、身近な野生動物と人との関わりあい方を反映しており、それは人間社会の在り方について考えることでもある、とのこと。さすがに「化かされるから近寄りたくない」と考える人は現代にはいないだろうけど、別に避けているわけじゃないのに、タヌキの暮らしぶりについて知らないことばかりだったと気付かされた。意外にもに葉っぱをたくさん食べていた。タヌキは葉っぱを頭に載せるものだと思っていたのになぁ。

 お薦め度:★★★  対象:タヌキといえば、「かちかち山」か「ぶんぶく茶釜」なひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]