友の会読書サークルBooks

本の紹介「タネのふしぎ」

「タネのふしぎ タネは光の色を見分けるか?「不老長寿の秘薬」と呼ばれるタネは?」田中修著、ソフトバンククリエイティヴサイエンス・アイ新書、2012年7月、ISBN978-4-7973-6967-0、952円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20150224】
●「タネのふしぎ」田中修著、ソフトバンククリエイティヴサイエンス・アイ新書

 植物たちの多くはタネを増やすことによって命をつないでいる。しかし、タネはいったん芽生えるとその地が悪環境であっても動き回ることはできない。そのことを十分に承知でタネはうまく成長できるような「時」と「場所」を選んで発芽している。そのタネたちの芽生えの戦略が次々と紹介されている。一度できたタネを広く拡散してもらう作戦も多種多様だ。イチゴなどの実を大きくするのもタネ増殖の一つの戦略。穀物の栄養の話もくわしい。「万能薬」「不老長寿のタネ」と呼ばれるゴマには〇〇がダントツに多い。〇〇はさてなんでしょう。タネについて興味深く解説されている本である。

 お薦め度:★★★★  対象:植物の魅力を知りたい人、中学生以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]