友の会読書サークルBooks

本の紹介「大陸と海洋の起源」

「大陸と海洋の起源 大陸移動説」(上・下)ウエーゲナー著、岩波文庫、1981年10月、(上)ISBN4-00-339071-7(下)ISBN4-00-339072-5、(上)350円(下)400


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20150414】
●「大陸と海洋の起源」ウエーゲナー著、岩波文庫

 ウェーゲナーの大陸移動説はウェーゲナーの死後30年たった1960年代ころからにわかに脚光をあびた。岩石磁気の研究から大陸移動の証拠が解明され、海洋底拡大の動きなども明らかになったからである。その後、プレートテクトニクス論が展開され大陸移動の原動力も解明された。『大陸移動説』は地球物理学の幕開けの理論として或いは不屈な科学者の研究物語として、他にも多く翻訳出版されている。
 岩波文庫のこの本は、ウェ―ゲナーの『大陸移動説』第四版を翻訳されたもので大陸移動説研究の経緯が詳細に記されている。この本の出版前に、ウェゲナーは北アメリカとヨーロッパ間の距離が増えているという情報を知り、この本の最後に大陸移動の証拠として付け加えている。同名の訳本は竹内均訳(講談社学術文庫)にもある。

 お薦め度:★★★  対象:大陸移動説の全貌を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]