友の会読書サークルBooks

本の紹介「大気の進化46億年」

「大気の進化46億年 O2とCO2」田近英一著、技術評論社、2011年8月、ISBN978-4-7741-4784-0、1580円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20121025】
●「大気の進化46億年」田近英一著、技術評論社

 地球上にある酸素と二酸化炭素について、地球誕生から現代までの変化をくわしく説いている。まだまだ研究途上の話も出されていて、その研究の複雑さが読み取れる。いうまでもなく、地球上の生き物は、酸素と二酸化炭素の量によって大きく支配されてきた。最初は、「酸素と二酸化炭素、その起源」「二酸化炭素からみた気候変動史」「酸素からみた生命進化史」と続く。シアノバクテリアが酸素を造ってきたという従来の考えに疑問が出てきたとか、まだまだ酸素発生のメカニズムは研究の余地があるようだ。その酸素濃度も過去には大きく変化していたらしい。後半の「酸素と二酸化炭素の変動史」「地球の運命と第2の地球」も興味深い。酸素と二酸化炭素に関するさまざまな研究成果が披露されている。

 お薦め度:★★★  対象:地球の進化に興味ある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]