友の会読書サークルBooks

本の紹介「「退化」の進化学」

「「退化」の進化学 ヒトにのこる進化の足跡」犬塚則久著、講談社ブルーバックス、2006年12月号、ISBN4-06-257537-X、820円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20070427】
●「「退化」の進化学」犬塚則久著、講談社ブルーバックス

 人の体には、かつては機能していたが、今は先祖のなごりとしてあるだけで、なんの機能も果たしていない骨や器官がある。あるいは、進化の過程で、もともとの機能とは別の機能を果たすようになった骨や器官もある。多くの人にはなくても、いわば先祖返りとして、過去の機能を彷佛とさせる特徴を持つ人もいる。耳小骨、ひ骨、結膜半月ヒダ、男の乳首などなど。人のからだのさまざまな場所に残る進化の足跡を、次々と紹介してくれる。自分の体で、進化の足跡を確かめられるというのは、とても面白い。でも、きっと途中で難点あきるので、気になるパートを拾い読むこと。

 お薦め度:★★  対象:自分の体に進化の足跡を見つけたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]