友の会読書サークルBooks

本の紹介「台風のついせき竜巻のついきゅう」

「台風のついせき竜巻のついきゅう」かこさとし著、小峰書店、2001年7月、ISBN978-4-338-16107-7、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20140217】
●「台風のついせき竜巻のついきゅう」かこさとし著、小峰書店

 今日(2月14日)、大阪は雪が降っています。見慣れない光景に少しワクワクしながら空を見上げ、夏の台風のことを考えるのはヘンな気分です。けれど一年中暑い熱帯の海では、いつでも台風ができるそうです。熱帯の海で生まれた台風が日本までやってくるためには、太陽によって暖められた水と空気が必要です。太陽の熱、水、空気、この3つが組み合わさって台風や竜巻が起こります。台風の断面図や竜巻のでき方など、かこさんのイラストは楽しくてわかりやすい。世界地図もたくさん登場します。水も風も、地球をめぐっているんだなと実感できますよ。

 お薦め度:★★★★  対象:大きいひろい目と、細かくくわしく調べる努力で地球を見つめたいひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]