友の会読書サークルBooks

本の紹介「捨てるな、うまいタネ」

「捨てるな、うまいタネ」藤田雅矢著、WAVE出版、2003年5月、ISBN978-4-87290-155-9、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20090619】
●「捨てるな、うまいタネ」藤田雅矢著、WAVE出版

 小さい頃、よく食べたミカンのタネを蒔いていた。簡単に芽は出るのだが、何年経っても実ができない。やがて諦めてしまった。あのミカンの木はどうなったのだろう?
 これはまさにそういった果物に付いてる邪魔者タネを蒔いて育ててみよう、という本。収穫を求めてでもいいけど、芽が出ること自体が楽しい。観葉植物としてもいけてる。それを入口に、F1品種や食糧自給率など現在の農業をめぐる問題の一端にまで、思いをはせる。
 とにかく果物食べたら、またタネをまいてみようかと思う。ミカンではなく、スイカやイチゴなら一年以内に収穫も望めるらしい。アボカドも期待できるという話。捨ててたタネで収穫できるならとっても得! 子どもの頃に思った事を思い出した。

 お薦め度:★★★  対象:果物好き、植物好き、自給自足に憧れる人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]