友の会読書サークルBooks

本の紹介「砂 文明と自然」

「砂 文明と自然」マイケル・ウェランド著、築地書館、2011年8月、ISBN978-4-8067-1425-5、3000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20131212】
●「砂 文明と自然」マイケル・ウェランド著、築地書館

 「砂」と聞いて思い浮かべる色は?白、黒、灰色。
 そんな思い込みが最初の口絵に覆される。そして頁を繰るにつれ、砂粒は雄弁に語りだす。形を変え、大きさを変え、過去から未来へ。さらに宇宙へ。ことに砂が持つ時間の尺度は、人間のそれをはるかに凌駕する。スケールが全く異なるのだ。砂は永遠を表すものであると同時に、小さすぎる微小なものでもある。ふり幅の大きさにめまいを感じながら、同時にすっかり魅了されてしまう。平凡だと思い込んでいた砂への見方が180度変わる。簡潔な文体は読みやすく、400頁にしり込みする誰彼にも薦めたくなる。カバーも素敵。本書の世界観をよく示していると思う。

 お薦め度:★★★★  対象:目からうろこを落としてみたいひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]