友の会読書サークルBooks

本の紹介「素数ゼミの謎」

「素数ゼミの謎」吉村仁著・石森愛彦絵、文芸春秋、2005年7月、ISBN4-16-367230-3、1429円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子・岡本素治 20060514】
●「素数ゼミの謎」吉村仁著・石森愛彦絵、文芸春秋

 アメリカに13年と17年に一度出現する周期ゼミがいるという。発生する年が同じものをまとめて「ブルード」と呼び、13年が3種類、17年が12種類が知られ、いまでは発生年の未来予想地図も発表されているようです。それではそれ以外の12年や15年などではなく、13、17年組だけがなぜ成功したのだろうか?その解答のひとつがこの絵本にはあるようです。
 これまでの有力仮説「天敵回避」に対し、この本は「交雑回避」とでもいうべき仮説を提唱しています。きびしい氷河時代に長期間地中にいることを余儀なくされたセミたちは、周期を定めてみんな一斉に出てくることで生き延びてきた。しかし、異なる周期の集団が出会うと交雑が起こり、異なる周期の子供ができる。異周期の集団と出会う確率が最も少ない素数周期の集団だけが生き残ったのだという仮説です。 移動性のないセミが目覚めた時に、もしかれらの憩う森がすでに無くなっていたら・・・彼らは過去の時代から遥々やって来た戦士のように思えてしまいます。一匹の小さなセミからもこんな進化のドラマは読み取れるのですね。

 お薦め度:★★★  対象:昆虫界の世界七不思議にふれたいあなた

【魚住敏治 20051024】
●「素数ゼミの謎」吉村仁著・石森愛彦絵、文芸春秋

 セミを使った数字のマジックです。
 話は単純明快、素数ゼミの地中生活が長いのは、氷河期の寒さのために成長スピードが遅くなったため。同じ場所で大発生するのは、比較的暖かい土地のセミで同じタイミングで地上に出てくるものが生き残ったため。13年、17年周期なのは、素数のまじった組み合わせの最小公倍数は大きくなる性質があるので、違う周期のセミとの交雑がすくないためといった具合です。
 話はスッキリしているのですが、他の地域のセミとの比較とか、実証的なデータはどうなんだろうか? 気になるところがいっぱいあります。

 お薦め度:★★  対象:中学生以上の方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]