友の会読書サークルBooks

本の紹介「スノーボール・アース」

「スノーボール・アース」ガブリエル・ウォーカー著、ハヤカワ文庫NF、ISBN978-4-15-050375-8、2011年10月、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20120427】
●「スノーボール・アース」ガブリエル・ウォーカー著、ハヤカワ文庫

 20世紀から21世紀に世紀が変わる頃、地球史に新たな学説が提唱された。それがスノーボール仮説。地球が誕生して以来、数度にわたって全球が凍結し、数百万年の間、地球は氷の世界に閉ざされていたという理論だ。20世紀前半から謎とされてきた広く分布するアイス・ロック、そしてそれを覆う厚い炭酸塩岩。その謎を求めて灼熱のオーストラリア、アフリカ、そして極圏のフィールドへ、研究者はその証拠(または否定する証拠)を求めて調査し、理論がどのように導かれたか、そして論争となったかが、スリリングに述べられる。
 1998年にはじめてサイエンスに論文が出され、その後に数多くの論争があり、その上でこのような一般書が2003年に出ている(邦訳も2004年に出でている!)というのも驚きだ。それだけ多くの人を魅了するものがこの理論にはあるのだろう。理論の提唱者ホフマンにとっても本望なのではなかろうか。

 お薦め度:★★★  対象:地球科学を志す人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]