友の会読書サークルBooks

本の紹介「したたかな魚たち」

「したたかな魚たち」松浦啓一著、角川新書、2017年3月、ISBN978-4-04-082054-5、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20170609】
●「したたかな魚たち」松浦啓一著、角川新書

 魚の想像を絶する多様性を知るための格好の入門書。著者は分類屋さん(それも特にフグ類)らしく、今でも続々発見される新種、サイズの大小差、変な形態、極限の環境での生息など、どちらかというと普通の種より変わった種(それも特にフグ類)を紹介し、魚類の多様性を強調している。また、魚のくらしの面でも、泳ぎ方、食べ方、生き残り戦術、繁殖法など、・・・やはり変わった種を紹介しているが、面白い話題を厳選しているし、写真もきれい(モノクロで残念だが)なので、読んで楽しい。

 お薦め度:★★★  対象:魚の多様性を知りたい人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]