友の会読書サークルBooks

本の紹介「知床・北方四島」

「知床・北方四島 流氷が育む自然遺産」大泰司紀之・本間浩昭著、岩波新書、2008年5月、ISBN978-4-00-431135-5、1000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20080815】
●「知床・北方四島」大泰司紀之・本間浩昭著、岩波新書

 北方四島まで行けば、ラッコやシャチに出会える。ウミガラスやエトピリカもまだまだたくさんいる。トドもクラカケアザラシもツチクジラも。北海道ではなかなか出会えない様々な動物が北方四島〜ウルップ島には生息している。一度見に行ってみたい。でもその豊かな自然は、密漁や混獲や鉱山開発によって危機に立たされている。そんな自然を守り、みんながその自然を満喫できる方策はないのだろうか?
 この本では、美しい写真を多用して、哺乳類と鳥類を中心に知床〜北方四島〜ウルップ島にかけての自然を紹介し、その危機に警鐘を鳴らし、対応策を提案している。北の果てで、ややこしい国境問題もあり、多くの人はあまり北方四島周辺の自然に目を向けてこなかったのではないだろうか? その豊かな自然を守るためには、できるだけ多くの人にその自然を知ってもらい、その自然環境保全について少しでも考えてもらう必要がある。まずは、みんなでこの本を読んで、内容を布教しよう! で、いつの日かラッコとシャチを見に行こう!

 お薦め度:★★★★  対象:自然とその保護に興味を持つ人、あるいはラッコやシャチが好きな人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]