友の会読書サークルBooks

本の紹介「シーボルトと町絵師慶賀」

「シーボルトと町絵師慶賀 日本画家が出会った西欧」兼重護著、長崎新聞社、2003年3月、ISBN978-4-931493-38-4、1143円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20100211】
●「シーボルトと町絵師慶賀」兼重護著、長崎新聞社

 江戸末期に日本の文化や自然を西洋に紹介し、日本には西洋の医学や自然科学の知識を教えることで顕著な功績があったシーボルトが、日本にいる間フルに活用したのが絵師、川原慶賀であった。本書は慶賀に焦点を当て、その生涯と作品を紹介している。卓越した絵の才能と西洋の新しい技法を取り入れようとする姿勢を持った慶賀がこの時代に長崎にいたことは、シーボルトにとっても後代の人々にとっても大変幸運なことであったと理解できる。新書版ながら、日本に現存する作品を網羅しており、文献リストも充実している。

 お薦め度:★★★  対象:生物学史にやや広く興味がある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]