友の会読書サークルBooks

本の紹介「幸せな動物園」

「幸せな動物園」旭川市旭山動物園監修、ブルース・インターアクションズ、2005年9月、ISBN4-86020-133-7、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋知恵子 20060212】
●「幸せな動物園」旭川市旭山動物園監修、ブルース・インターアクションズ

 第一印象は、おしゃれ。本のデザイン、写真など今風なところが、他の旭山動物園本とは一線を画すところだろうか。写真やイラストがふんだんに使われ、旭山動物園の施設がどのように計画され、作られ、現在どうあるのかということが、目で見て理解できる。オープンした施設順に並んでいることから、様々な人を巻き込んで、盛り上がっていった様子がよくわかる。物作りにおいて、予算と制約があるのは当然。その中でも妥協できない点を守りつつ、最善を尽くしていく物作りの姿勢には学ぶところが多い。と、なんのかんのいっても、読後は「行ってみたい!」の一言。動物を毎日見ている動物園の職員が、こんなのあったらいいなと思い描いた旭山動物園。そこでは来園者たちは動物たちを飽きさせないネコジャラシのような存在になるらしい。是非、ネコジャラシになりに行きたい。こう思わせるのも、この本の力だろうか。

 お薦め度:★★★★  対象:物作りに携わる人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]