友の会読書サークルBooks

本の紹介「種子のデザイン」

「種子のデザイン」岡本素治監修、INAX出版、ISBN978-4-87275-857-3、2011年9月、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20111223】
●「種子のデザイン」岡本素治監修、INAX出版

 自ら動けない植物はその種子に驚きのデザインの工夫をこらす。オブラートのような極薄の翼となったり、グライダーとなって優雅に滑走したり、プロペラやヘリコプターにだって変身して風とゆきかう。アオギリのように飛行船となって漂うものもあるのだ。また水にのって分布をひろげる輩もいるかと思えば、トゲをつくって流されまいとするものもある。動物を媒体して分布をひろげる種子は鮮やかな色彩やスィーツのご褒美で誘惑する。トゲや爪となってひっつき、動物と旅するものまであるのだ。
 しかしこの種子散布に使う花の器官はいずれも葉に由来するというのだ。その様々な変身の形こそ植物の繁栄をもたらしたのだろう。戦術と企みに長けた種子のデザインが美しい映像と解説で本書でであえる。

 お薦め度:★★★★  対象:この世で理にかなったフォルムを探してみたい方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]