友の会読書サークルBooks

本の紹介「唱歌「ふるさと」の生態学」

「唱歌「ふるさと」の生態学 ウサギはなぜいなくなったのか?」高槻成紀著、ヤマケイ新書、2014年12月、ISBN978-4-635-51020-2、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20150414】
●「唱歌「ふるさと」の生態学」高槻成紀著、ヤマケイ新書

 「ウサギ追いしかの山…」と長く歌い続けられてきた「故郷」の歌詞。この歌詞に書かれている日本の里山風景を、著者専門の保全生態学からときほぐし、合わせて故郷に心を寄せる日本人の心も描写している。日本人が営々として築いてきた里山の風景と豊かな動植物を描写しながら、効率を追い続けてきた現代の危機にもふれている。後半には、美しい故郷を放棄せざるをえなくなった福島の人々の無念な気持ちにもせまり、人だけでなく動物にもおそいかかっている放射線被害の重さもつきつけている。美しい日本の風土と人の心に学問的な成果をからませて里山保全のありかたを問う一冊である。

 お薦め度:★★★★  対象:日本の里山文化を考えたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]