友の会読書サークルBooks

本の紹介「正面を向いた鳥の絵が描けますか?」

「正面を向いた鳥の絵が描けますか?」山口真美著、講談社+α新書、2007年7月、ISBN4-06-272446-4、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20071018】
●「正面を向いた鳥の絵が描けますか?」山口真美著、講談社+α新書

 視覚における認知の問題を、絵を描いたり鑑賞したりするという角度から紹介する。互いにバラバラな話なようでいて、絵を中心にすえることで不思議とまとまる楽しい本。 両眼視差や運動視差で我々が認識している三次元世界を、動かない二次元で表現するのは無理がある。となれば、立体感のある絵を描くには、そもそもかなりの工夫が必要。今までどうしてうまく絵が描けなかったのかがわかった。その他、赤ちゃんの視覚の発達や視覚障害を持つ人の見え方など、さまざまな研究結果を示しつつ、絵に関連した様々な視覚の側面を解説してくれる。
 この本を読んでも絵を描くのはさほど上手にならないが、絵を鑑賞する際の視点は得られるかもしれない。少なくとも蘊蓄の一つくらいは語れるようになるだろう。

 お薦め度:★★★  対象:人間の視覚について興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]