友の会読書サークルBooks

本の紹介「食を考える」

「食を考える」佐藤洋一郎著、福音館書店、2012年9月、ISBN978-4-8340-2740-2、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20121221】
●「食を考える」佐藤洋一郎著、福音館書店

 植物遺伝学の研究者である著者が、食についてのエッセイをまとめた一冊。30のエッセイは、「食の環境負荷」「今どきの食」「ハイテクと食」「生物多様性と食」と4つにまとめられている。似たようなメッセージが含まれているエッセイも多いので、順番に通しで読むと少し飽きてくる。適当にページをめくって、気になったところから読めばいいだろう。
 著者は食を環境ととらえて食をトータルに扱おうとしたのだという。確かに、食から環境を考えるという視点がつらぬかれたエッセイが並ぶ。さらに東日本大震災そして電力問題、食の安全保障。多くのエッセイの背景にはこうした問題意識が見えかくれする。今だからこそ、読んでおきたい一冊。

 お薦め度:★★★★  対象:食の安全、食と環境問題に関心のある人、ない人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]