友の会読書サークルBooks

本の紹介「植物のたどってきた道」

「植物のたどってきた道」西田治文著、NHKブックス、1998年1月、ISBN4-14-001819-4、870円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【河上康子 20031021】
●「植物のたどってきた道」西田治文著、NHKブックス

 自然史関係の展示ではまず大人気の恐竜のジオラマで、おおむね付けたしのような風情で背景に描かれたり、用いられたりしている、古代の植物たち。この本では、古植物学者である著者が、そのような古代の植物の成り立ちを、植物が陸上に上がった古生代から順に説いてゆく。全章が植物化石記録に基づく、系統進化学で描かれているので、分類学や系統学にあかるくない読者には少し読みづらいかもしれないが、巻末の系統図と分類表を対比させながら読むとかなりわかりやすい。教科書的な本を、ゆっくりじっくり読むことが好きな読者には、お薦めの一冊。

 お薦め度:★★★  対象:陸上植物の系統と進化に興味のあるひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]