友の会読書サークルBooks

本の紹介「自然観察入門」

「自然観察入門 草木虫魚とのつきあい」日浦勇著、中公新書、1975年3月、ISBN4-12-100389-6、700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【村山涼二 20041215】
●「自然観察入門」日浦勇著、中公新書

 みじかな春の野草の見分け方、レンゲの花に訪れるミツバチ、川の流れにすむヤゴなど生物、夏の野や林のバッタなど虫たち、鎮守の森、外来のダンゴムシやヒガンバナと人とのかかわり、ため池めぐりとアカトンボ、カマキリの卵など虫たちの冬越などなど、季節の移り変わりと共に、みじかな自然をより深く観察する道案内の本である。人と自然とのかかわりを特に重視している。検索表や図は正しい種へと導く。リーダーのためのメモは、深い経験に基づく主張がある。この本の土台になった日浦さんが子供達を連れて歩いた当時の観察地は、30〜50年後の今どうなっているのだろうか?

 お薦め度:★★★★  対象:自然をより深く愛したい人たち

[トップページ][本の紹介][会合の記録]