友の会読書サークルBooks

本の紹介「死を食べる」

「死を食べる」宮崎学著、偕成社、2002年3月、ISBN978-4-03-526220-6、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿夫 20091001】
●「死を食べる」宮崎学著、偕成社

 いきなり、野生動物たちの交通事故死の写真が出る。イタチ、タヌキ、キツネ、カラスなどの無惨な姿。次の「死の時間を撮影する」では、キツネの死後の変化を時間を追って日毎に記録した写真が出てくる。やがて山のようにわき出るウジ虫、そしてそれを食べるハクビシン、もう目を覆いたくなるような写真の連続である。しかし、ここではたと気がつく。こういう生きものの死体も他の生きものの命をつないでいるということに。次に漁船から水揚げされたトロ箱いっぱいの魚,スーパーの刺身のパックも写る。こうなると死体というイメージはなくなる。「魚の死はめぐりめぐってぼくたちのお腹を満たしている」と著者は書く。
 ここまでくると、一個体の死もけっしてむだにはなっていないことに気がつき、動物の死ということが冷静に考えられてくる。

 お薦め度:★★★  対象:小学高学年以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]