友の会読書サークルBooks

本の紹介「シロアリ」

「シロアリ 女王様、その手がありましたか!」松浦健二著、岩波科学ライブラリー、2013年2月、ISBN978-4-00-029602-1、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20131025】
●「シロアリ」松浦健二著、岩波科学ライブラリー

 シロアリといえば、家で見つかったら大騒ぎ。程度の認識しかないだろうけど、アリ・ハチと並ぶ真社会性という変わった社会を持っている昆虫で、古くからさんざん研究されてきた。はずなんだけど、最近もまだまだこんなに色んな事が見つかってるよ!と紹介してくれる一冊。
 著者は、ヤマトシロアリの女王や王を野外で採集するというスキルでもって、メス同志のタンデム、単為生殖による女王分身の術、匂いによるワーカーの女王分化抑制、卵に化けたカビなど、さまざまな謎を解き明かしていく。
 とても楽しく読めるのだが、シロアリの真社会性の謎は、謎のままなのがちょっと不満。

 お薦め度:★★★  対象:シロアリをあまり知らなくても、けっこう知ってるつもりでも、動物の社会に関心があれば

[トップページ][本の紹介][会合の記録]