友の会読書サークルBooks

本の紹介「しっぽがない」

「しっぽがない」犬塚則久文・大島裕子絵、福音館書店たくさんのふしぎ2015年8月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20151217】
●「しっぽがない」犬塚則久文・大島裕子絵、福音館書店たくさんのふしぎ2015年8月号

 多くの脊椎動物に備わっている〈しっぽ〉の働きについて、その役割を解き明かしていく本である。ストーリー仕立てになっていて、「骨のある動物に、しっぽがないものがいるのはなぜか」を取りあげながら、しっぽの働きについて考えていく構成になっている。いろいろ調べていくと、意外としっぽのない、もしくは小さい背骨動物もけっこういることがわかる。しっぽの働きを取りあげてみると20近くも出てくる。ところが、海の中の背骨動物のしっぽの働きは泳ぐことに限られている。陸上生活をしている背骨動物のしっぽは、「からだを動かす力を生み出す場所」として使われているとしめくくっている。

 お薦め度:★★  対象:しっぽのふしぎに関心のある子ども
[トップページ][本の紹介][会合の記録]