友の会読書サークルBooks

本の紹介「新日本人の起源」

「新日本人の起源 神話からDNA科学へ」崎谷満著、勉誠出版、ISBN978-4-585-05421-4、2009年9月、2500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【加納康嗣 20110422】
●「新日本人の起源」崎谷満著、勉誠出版

 DNA科学(分子人類学)によるパラダイムシフトは、今や人類学だけにとどまることなく、考古学や言語学まで推し進められている。
 著者は分子人類学の先端を行く科学者である。今までの論拠を整理し、比較的わかりやすく解説したものであるが、浅学のものには少々理解困難なところも多い。考古学や言語学までが統合され問題整理されていくことに驚きを禁じ得ない。
 元日本人は北からしか列島に渡ってこなかったことや、列島におけるDNA多様性が大きく、「縄文人」「弥生人」の二重構造論は成り立たないこと。
 DNA科学の知のパラダイムシフトを強力に押し進める本書は、刺激的である。そこまでやるかという領域まで切り込み、既存の学問分野からは感情的な強烈な反論が行われているようだ。日本人の起源を明らかにすることから有史以後の文化の解析まで発展することが予想されるだけに、この科学の発展に目が離せない。

 お薦め度:★★★  対象:我々はいったい何者か、常に関心を持っている方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]