友の会読書サークルBooks

本の紹介「進化とはなんだろうか」

「進化とはなんだろうか」長谷川眞理子著、岩波ジュニア新書、1999年6月、ISBN978-4-00-500323-5、860円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20150626】
●「進化とはなんだろうか」長谷川眞理子著、岩波ジュニア新書

 進化生物学の立場から「適応」と「自然淘汰」をキーワードに生物の多様性を読み解こうとした意欲作である。  ダーウィンの「種の起源」からおよそ150年、生き物の行動と生態に関する研究は飛躍的に発展を遂げてきた。DNAの二重らせんの構造の解明や分子レベルでの解析も多くの成果を得てきた。たった一回しかなかった生命の誕生は地球上のすべての生き物が同じ暗号をつかっていることからあきらかだという。雄と雌が性を介して減数分裂をし、そこには個体変異がある。この遺伝的変異こそが自然淘汰が起こる大事な条件なのだ。進化とは生物が時間とともに「変化」していくことなのだ。雄と雌の性比、その違い、赤の女王仮説など話題は尽きない。進化生物学の100年の歩みがここに圧縮されて収められている!著者の長年の研究の成果が未来へのメッセージとなって結晶した感があるのだ。

 お薦め度:★★★★  対象:生命や生き物の不思議に出会いたい人ならだれでも
[トップページ][本の紹介][会合の記録]