友の会読書サークルBooks

本の紹介「進化の教科書 第1巻 進化の歴史」

「進化の教科書 第1巻 進化の歴史」カール・ジンマー&ダグラス・J・エムレン著、講談社ブルーバックス、2016年11月、ISBN978-4-06-257990-2、1680円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20170224】
●「進化の教科書 第1巻 進化の歴史」カール・ジンマー&ダグラス・J・エムレン著、講談社ブルーバックス

 『Evolution: Making Sense of Life』という原著を、日本語では3分冊で発行。第1巻「進化の歴史」では「進化の歴史」というテーマで原著の3章、13章、14章、17章を納めている。なんと原著をテーマ毎の3分冊に再編成するらしい。訳出しない章まであるという。驚いた。  で、第1巻は、「岩石の語ること」「種の起源」「大進化」「人類の進化」の4つの章からなる。理論の話は第2巻に譲るので、自然選択の説明はまったくなしに、岩石に見られる進化の証拠だとか、 種分化の仕組みだとか、クレイドの存続期間、大量絶滅、ヒトの進化の歴史が紹介される。 それぞれの章は最新の話題を盛り込んだ内容で、論文に基づいてるし、よくまとまってるし、勉強になる。教科書というには、発見につながるエピソードも交えられていて、お話としても読みやすい 。

 お薦め度:★★★  対象:進化を勉強したいひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]