友の会読書サークルBooks

本の紹介「深海生物テヅルモヅルの謎を追え!」

「深海生物テヅルモヅルの謎を追え! 系統分類から進化を探る」岡西政典著、東海大学出版部、2016年5月、ISBN978-4-486-02096-7、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20161027】
●「深海生物テヅルモヅルの謎を追え!」岡西政典著、東海大学出版部

 著者は分類学者。分類学とは、生物に名前をつけ、それらを系統立てて整理する学問。さて、テヅルモヅルとは、クモヒトデ綱ツルクモヒトデ目の各系統にバラバラに存在する腕が分岐する種、とのこと。あぁややこしい。だってツルクモヒトデはみんな腕が分岐している!そしてクモヒトデはヒトデとは別の生き物。だから「テヅルモヅルってなに?」と聞かれたら、本書を読み終わった今でも上手く答えられる自信がない。分類学の研究スタイルや意義が熱く語られているのだが、わたしの頭はテヅルモヅルの腕並みにこんがらがってしまった。

 お薦め度:★★  対象:分類学の実践部分を知りたいひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]