友の会読書サークルBooks

本の紹介「市民事業」

「市民事業 ポスト公共事業社会への挑戦」五十嵐敬喜・天野礼子著、中公新書ラクレ、2003年4月、ISBN4-12-150085-7、760円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋知恵子 20060824】
●「市民事業」五十嵐敬喜・天野礼子著、中公新書ラクレ

 明るい光を感じさせる本だった。発想の転換で自然環境と共存しつつ、利益をうみだす事業を市民が考える。そして実行している。建設会社が農業を、それもおいしくて安全な野菜を作ろうとがんばっている。重機を持つ建設会社の利点を生かし、従業員を雇用し続けるためのアイデア。またあるところでは冬に積もった雪を利用して夏の冷房や消臭に利用している。無駄なものを利用しようというアイデア。たとえ小さな動きだとしても、力強く感じられる実例をたくさん知ることができ、最終章では市民事業が超えなければならない課題も理解することができる。こういった内容の本としては入門編にぴったり?

 お薦め度:★★★  対象:環境問題を考える人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]