友の会読書サークルBooks

本の紹介「シャンパン泡の科学」

「シャンパン泡の科学」ジェラール・リジェ=ベレール著、白水社、2007年9月、ISBN978-4-560-02766-0、1900円


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20091023】
●「シャンパン泡の科学」ジェラール・リジェ=ベレール著、白水社

 シャンパンに限らず、お酒に関する本は数多ある。しかし、その泡だけについて、しかもグラスに注がれてから、はじけるまでの数〜数十秒間だけのことで一冊の本にしているのは珍しいだろう。
 著者は物理の研究者で、泡の写真を撮りまくってシャンパン会社に売り込んだという。まあ変な人もいるもんだなあとと思うとともに、シャンパンの泡に対する思い入れの強さに感心(?)する。この本を読んでも、シャンパンがおいしく飲めるわけではない。でも、こういう変なこと研究する人がいることで、世の中楽しくなるんだよなあ。
 ただし訳の日本語がまずくて、こうしたらもっと読みやすくなるのに〜ってなところが気になって気になって。

 お薦め度:★★★  対象:発泡性のお酒を飲む人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]