友の会読書サークルBooks

本の紹介「センス・オブ・ワンダー」

「センス・オブ・ワンダー」レイチェル・カーソン著、新潮社、1996年7月、ISBN4-10-519702-9、1400円+税(旧版:佑学社、1991年6月、ISBN4-8416-0700-5、1165円+税)


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【早川ひろみ 20040226】
●「センス・オブ・ワンダー」レイチェル・カーソン著、新潮社

 空に飛ぶ鳥や海辺に遊ぶカニを見る時、そばで一緒に感動し合う人がいればどんなに素晴らしいことでしょう。
 満月が沈む時に海が炎に包まれ、その炎が海岸の雲母のかけらを照らす様を筆者は幼い甥と楽しみます。また雨の日には、石の上に銀色の輪や小さな模様をつくる地衣類に甥がよろこび、それを見て筆者は嬉しくなります。
 こういう姿を見ると小さな子供に知識を詰め込むことが如何に馬鹿げているかを実感します。星の名前を知らなくても鳥の識別ができなくても、子供と一緒に野を歩き、自然の神秘さや不思議に目を見張りたいと思います。

 お薦め度:★★★★  対象:感性を豊かにしたい人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]