友の会読書サークルBooks

本の紹介「世界の砂図鑑」

「世界の砂図鑑 写真でわかる特徴と分類」須藤定久著、誠文堂新光社、2014年2月、ISBN978-4-416-11436-0、2600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20140615】
●「世界の砂図鑑」須藤定久著、誠文堂新光社

 日本国中、さらに世界の主たる海岸の砂を、美しい写真で紹介している。著者が勤めていた通産省調査所(当時名)に集められていた世界の砂や各地の寄贈の砂を画像化して図鑑風にまとめられたものである。各写真には地形や粒子の解説などが簡単につけられている。北海道や関東はだいたい黒い砂、関西は白っぽく、四国佐多岬は青い砂と各地によって色合いが違う。西表島の〈星の砂〉も仲間入り。サウスアラビアは赤い砂、ハワイには黒い砂と緑の砂がある。世界の砂は多種多様だ。背景にある各地の地質がしのばれる。

 お薦め度:★★★  対象:海の砂に関心のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]