友の会読書サークルBooks

本の紹介「世界はなぜ月をめざすのか」

「世界はなぜ月をめざすのか 月面に立つための知識と戦略」佐伯和人著、講談社ブルーバックス、2014年8月、ISBN978-4-06-257878-3、920円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【上田梨紗 20171029】
●「世界はなぜ月をめざすのか」佐伯和人著、講談社ブルーバックス

 前半は、月(科学)の基礎知識を雑学をまじえながら知ることができます。ピンポン玉を使った衝効果の実験はわかりやすく、地球から見る月は毬ではなく盆だと納得してしまう。
 中盤からほぼ地学の話になる。月の資源を取り合う各国、各企業団体のつばぜり合いは、なんだか映画のようだ。実際「かぐや」はロケット打ち上げ業務を民間委託した最初の打ち上げだった。三菱重工さんカッコイイ。
 月は宇宙の入り口で、私たちは宇宙大航海時代の渚にいますと、著者は言う。人間の好奇心はとめられない。

 お薦め度:★★★★  対象:月に行きたい人、地学に興味がある人、宇宙が好きな人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]