友の会読書サークルBooks

本の紹介「生命の宝庫・熱帯雨林」

「生命の宝庫・熱帯雨林」井上民二著、日本放送出版協会、ISBN4-14-084081-1、920円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20021024】
●「生命の宝庫・熱帯雨林」井上民二著、日本放送出版協会

 ボルネオの熱帯雨林のフィールドへ向かう途中、飛行機事故で死んだ著者の絶筆。熱帯雨林の魅力が、さまざまな生きもの同士のつながりを中心に描かれる。
 ツリータワーとウォークウェイによる林冠の調査方法、1996年に起きた一斉開花、様々な送粉共生系など、ボルネオ島サラワクの熱帯雨林での研究成果が紹介されている。熱帯雨林研究の最先端が比較的わかりやすく紹介される。
 解説「林冠に架けた夢」を読むと、著者の人となりや熱帯雨林研究にかけた情熱がよく伝わってくる。先に、解説を読むのがお薦め。

 お薦め度:★★★  対象:熱帯又は生態学に興味のある人、高校生以上


[トップページ][本の紹介][会合の記録]