友の会読書サークルBooks

本の紹介「生命は細部に宿りたまう」

「生命は細部に宿りたまう ミクロハビタットの小宇宙」加藤真著、岩波書店、2010年10月、ISBN978-4-00-006276-3、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【加納康嗣 20110223】
●「生命は細部に宿りたまう」加藤真著、岩波書店

 オオカミは森林を、アユは川を生息場所にしているが、行動圏が広い生物や特に環境選考性が高くない生物の生息場所は生態系とほとんど重なる。しかしさらに小さな移動性のない生き物が生息する環境はこれでは大きく荒過ぎる。我々の視点から見落とされる自然の単位、特殊な微環境はミクロハビタット〈微小生息場所〉と呼ばれる。そのようなミクロハビタトの多様性が景観レベルの生物多様性に大きな貢献をしている。オキナグサが茂る半自然草原、ミズトラノオが咲く中池見湿地などの水田生態系、オニノヤガラなどがひっそりと咲くミズナラ森など9つに類型分けされたミクロハビットの生物を取り上げ、生物多様性の陰の主役たちの役割を明らかにして、細部に宿る生き物の保護こそが全体の生態系を守ることに貢献することを訴えている。読みやすく美しい本である。

 お薦め度:★★★★  対象:生態系や失われた自然失われる自然に思いを寄せる人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]