友の会読書サークルBooks

本の紹介「生から死へ、死から生へ」

「生から死へ、死から生へ 生き物の葬儀屋たちの物語」ベルンド・ハインリッチ著、化学同人、2016年8月、ISBN978-4-7598-1822-2、2300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20170220】
●「生から死へ、死から生へ」ベルンド・ハインリッチ著、化学同人

 生きた者たちが死んだ後の死体あるいは排泄物をリサイクルするスカベンジャーたちの物語。モンシデムシ、コンドル、ワタリガラス、糞虫、キクイムシ、そして人類。これらの動物がどのように死体を処理するのかがメインの話題であり、それらはそれらで大変興味深い。更に本書の特徴は、関連するいろんな話題に脱線する傾向がみられたことであり、それらも大変興味深い話題となっている。例えば、トメントスス属のモンシデムシの鞘翅が飛翔時には裏返り、裏側の黄色が目立つようになって、マルハナバチへの擬態になることなどである。なお、ヒトの死に際し、日本では火葬が通常だが、著者はそれにも否定的。自然と隔絶されない、もっと効率的な方法はないのだろうか?

 お薦め度:★★★  対象:生と死に興味がある人。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]