友の会読書サークルBooks

本の紹介「生物多様性のしくみを解く」

「生物多様性のしくみを解く」宮下直著、工作舎、2014年4月、ISBN978-4-87502-456-9、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20141021】
●「生物多様性のしくみを解く」宮下直著、工作舎

 第6の大量絶滅を起こしている張本人の人類は、ひとりでは生きていけず、他の多くの生物から恩恵を受けている。本書にはそのような生物間の実態を把握し、本来の姿に戻すべく治療することが肝要と説かれている。生物がなぜかくも多様なのか、その起源、共通性から説き起こし、突然変異と自然選択による進化が、短期間では偶然でも長期間では必然となることが、コイン投げの例えでわかりやすく説明されている。多くの種が棲める理由が資源分割、共生、食物連鎖というキーワードで示されている。どうして増える種と減る種がいるのかについての根本原因の究明に、そのような生態学的視点が役立つのだ。

 お薦め度:★★★  対象:岩石圏を含めた壮大な進化の話を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]