友の会読書サークルBooks

本の紹介「生物はなぜ誕生したのか」

「生物はなぜ誕生したのか 生命の起源と進化の最新科学」ピーター・ウォード&ジョゼフ・カーシュヴィンク著、河出書房新社、2016年1月、ISBN978-4-309-25340-4、2200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20160411】
●「生物はなぜ誕生したのか」ピーター・ウォード&ジョゼフ・カーシュヴィンク著、河出書房新社

 古生物学者であるウォードと地球物理生物学者であるカーシュヴィンクとの合作。生命はどのように誕生したのか? 昔からの謎のひとつであるが、地球科学や化石の知見が蓄積するにつれて、益々精度よく解明されつつあるようだ。本書は、地球の誕生から現代まで、時代を追ってどのような環境でどのような生物が活躍したか、詳細に解説しているのだが、その年代の精度が、例えば「何億年前」が「何憶何千万年前」というように、かなり精度が高くなっていることに驚かされる。また、恐竜が絶滅した原因についてかつて多くの説があったように、その他の大絶滅の原因や、どこで生命が誕生したかについても、かなり明快に自説を展開している。本当にここまでわかったのか?いや違うだろう?まずは読んで楽しみたい。

 お薦め度:★★★★  対象:地球と生命の歴史を更に詳しく知りたい人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]