友の会読書サークルBooks

本の紹介「里湖モク採り物語」

「里湖モク採り物語 50年前の水面下の世界」平塚純一・山室真澄・石飛裕著、生物研究社、2006年8月、ISBN4-915342-48-4、1700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20071016】
●「里湖モク採り物語」平塚純一・山室真澄・石飛裕著、生物研究社

 水草がつい50年ほど前まで、肥料として産業になるほど採集されていた事実なんてまったく知らなかった。そしてその産業は、現在盛んに言われる「循環型社会」を図らずも実現していたということも。聞き取り調査と市町村・組合の資料を読み解き、モク採りがいかに重要な産業で、それが湖の水質の浄化にも役立っていたことを示している。
 除草剤の影響と沈水植物の衰退と結びつけるのは、(事実だとしても)やや強引で短絡的な気がするが、それを差し引いても湖の文化・産業・民俗や沈水植物の新たな面を見つけられる。

 お薦め度:★★★  対象:湖好きの人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]