友の会読書サークルBooks

本の紹介「山賊ダイアリー 1巻」

「山賊ダイアリー 1巻」岡本健太郎著、講談社イブニングKC、2012年2月、ISBN978-4-06-352391-1、543円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20130222】
●「山賊ダイアリー 1巻」岡本健太郎著、講談社イブニングKC

 現役猟師兼マンガ家が狩猟を通じて野生生物との付き合い方を伝えていく、何てことはまったくなく、作者の普通の生活である狩猟とジビエな日々を綴っているマンガ。絵も話の構成も今ひとつなんだけど、のんびりとした猟師生活がかいま見られておもしろい。罠猟の初獲物は「食えたもんじゃないらしい」タヌキだったので逃がした話(初獲物は仲間で分け合うのが風習らしい)だったりとか、カラスの味が牛肉に似ているとか、普通の生活として身近な生き物を狩って食べるというのが描かれている。とりあえずヒヨドリとカラスは一度食べてみたいなあ。
 課題の巻ではないけど、2巻で主人公が初めてイノシシを罠で捕る回は、猟師初心者である作者の心情と猟師仲間の対応が心温まります。

 お薦め度:★★★  対象:狩猟を野蛮と思わないマンガ好き

[トップページ][本の紹介][会合の記録]