友の会読書サークルBooks

本の紹介「さかなのじかん」

「さかなのじかん」なかのひろみ・まつざわせいじ文・ともながたろ絵、アリス館、2005年4月、ISBN4-7520-0294-9、1400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20051026】
●「さかなのじかん」なかのひろみ・まつざわせいじ文・ともながたろ絵、アリス館

 多少デフォルメされたかわいい魚が50種登場。昼と夜、性別、年齢で魚の模様がどう違うか、魚の一生、四季の暮らし、卵の産み方を、趣向をこらして楽しく紹介してくれる。
 とにかく趣向がおもしろい。同じ魚たちを登場させて、夜の様子を紹介した次の見開きに昼の様子を並べてみせる。魚の回遊などの一生の動きは、旅行会社の提案する旅行プランになぞらえて「うおナビ」として紹介。クロマグロ様ご一行向けの「泳ぎの達人をめざす旅」のコメントに曰く“鉄人なみの体が必要です。ふつうのお客様には、けっしておすすめしません。”
 ページの隅々、帯の返しにまで趣向が凝らしてあるので、じっくりとながめて、じっくり楽しめる。巻末の「ギョギョ魚タイムス」もお見逃しなく!

 お薦め度:★★★  対象:絵本好き、あるいは魚好きの大人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]