友の会読書サークルBooks

本の紹介「サボり上手な動物たち」

「サボり上手な動物たち 海の中から新発見!」佐藤克文・森阪匡通著、岩波科学ライブラリー、2013年2月、ISBN978-4-00-029601-4、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20130409】
●「サボり上手な動物たち」佐藤克文・森阪匡通著、岩波科学ライブラリー

 バイオロギングの専門家の佐藤と、クジラ類の音響を研究してきた森阪が、分担して執筆した1冊。直接観察が難しい水の中の動物の行動を、データロガーや動物カメラ、音響から明らかにしようとする試みが紹介される。
 機器を使う事で、海の動物の姿が徐々に明らかになってきた。それは比較的近年になって始まった試みで、その歴史を含めた記述は興味深い。そしてその手法は、直接観察しにくい海の動物だけでなく、直接観察できているはずの陸の動物でも威力を発揮するという指摘は面白い。でも、全体的には、バイオロギングの成果をサラサラっと紹介しただけで、個々の研究の深みに欠ける感はいなめない。どうしてこんなタイトルにしたかも不明。

 お薦め度:★★  対象:バイオロギングの成果をサラッと知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]