友の会読書サークルBooks

本の紹介「琉球列島のススメ」

「琉球列島のススメ」佐藤寛之著、東海大学出版部、2015年12月、ISBN978-4-486-01997-8、2500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20160414】
●「琉球列島のススメ」佐藤寛之著、東海大学出版部

 動物が好きで琉球大学に入った著者は、大喜びで海に山に動物とふれあいまくる。大学院に行ってO大先生のもとでスッポンの研究で博士号をとり、研究者の道を進むのかと思いきや、環境教育の場で琉球の自然と向き合う道を選ぶ。フィールドの生物学シリーズの一冊。にしては珍しく、外国には行かない。そして、少なくとも現時点ではプロの研究者というわけではない。
 漁港で出会ったさまざまな魚やカニ。毒のある動物の味見体験。大学周辺で普通に見られるクロイワトカゲモドキ。アカウミガメの繁殖とそれを狙うアカマタ。冬のある日突然一斉に産卵するハナサキガエルやリュウキュウアカガエル。再発見されたケナガネズミにトゲネズミ。実体験に根ざしたリアルな沖縄島の動物たちの話はとても面白い。
 第8章以降は、一転して環境教育の話。珊瑚舎スコーレでの体験、泡瀬干潟での学校教育との連携、教材作りの話。読み始めと、読み終わりでは、全然テイストが違う。生き物好きには第7章までが、環境教育に興味があれば第8章以降がオススメ。

 お薦め度:★★★  対象:沖縄の動物とくに両生爬虫類に興味がある人、あるいは環境教育に興味のある人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]